目指す資格

取得可能な資格

診療放射線技師国家試験受験資格 〈厚生労働省〉

[試験科目]

基礎医学大要、放射線生物学、放射線物理学、放射化学、医用工学、診療画像機器学、エックス線撮影技術学、診療画像検査学、画像工学、医用画像情報学、放射線計測学、核医学検査技術学、放射線治療技術学、放射線安全管理学

放射線取扱主任者 〈原子力規制委員会〉

第1種・第2種・第3種までありますが、医療施設では第1種が必要となります。受験資格は特に定められていないため、在学中に受験できます。試験科目は、放射線物理学、放射化学、放射線生物学、放射線計測学、放射線安全管理学及び関係法令で、8月末に実施されます。

エックス線作業主任者 〈厚生労働省〉

医療用以外の分野で必要とされる資格制度です。診療放射線技師免許または第1種放射線取扱主任者免許があれば、所轄の労働基準監督署に申請することにより、無試験で取得できます。

ガンマ線透過写真撮影作業主任者 〈厚生労働省〉

労働安全衛生法に基づく資格で、診療放射線技師免許または第1種放射線取扱主任者免許があれば、所轄労働基準監督署への申請で取得できます。

作業環境測定士 〈厚生労働省〉

試験合格後、一定の定められた講習会を受講しなければなりませんが、診療放射線技師免許があれば試験は免除となり、講習会のみ受講すれば免許取得できます。この方法で取得した免許は、放射線関係の作業環境測定に限定されます。

資格取得者メッセージ

第1種放射線取扱主任者試験合格 2年次に取得

仲間と一緒に勉強するのが合格への近道です

今井 彩華さん(平成27年3月卒業)
京都府立嵯峨野高等学校出身

放課後に先生が特別に開いてくださる勉強会に1年次の秋から参加。
友達が遊びやバイトをしている時に、膨大な内容を暗記しなければならないので、気持ちを高く保つのが大変ですが、仲間と一緒に、途中であきらめず、勉強会で学んだことをしっかり身につければ必ず合格できます。
この資格があれば放射線治療・核医学の分野に選択肢が広がるので、就職後に活用して活躍の幅を広げていきたいと思います。