診療放射線技師の仕事

診療放射線技師ってどんな仕事?

診療放射線技師とは、医師や歯科医師の指示のもと、人体に放射線を照射する医療技術者です。一般的にはX線写真を撮る、というイメージが強いようですが、実際にはX線やラジオアイソトープなどを使って人体内部を撮影する画像検査、放射線治療、放射線管理など、さまざまな業務を行うことができます。

画像検査

健康診断のエックス線検査など、みなさんにもなじみの深い仕事。

診療放射線技師の代表的な仕事のひとつで、画像診断装置を使って人体を撮影します。この画像から、医師が身体の外からは見ることのできない骨折や病気などの異常を発見・診断し、治療に役立てます。扱う装置はX線撮影装置、透視撮影装置、X線CT装置などX線を使う装置のほか、超音波診断装置や磁気共鳴現象を使って撮影するMRI装置などさまざまです。進化を続ける機器に対応し、診断に必要な情報を盛り込んだ画像を提供することが求められます。

ラジオアイソトープ検査

放射性同位元素を利用して病巣のありかをつきとめます。

ラジオアイソトープ(RI)という、それ自体が常に放射線を出す物質(放射性同位元素)を利用して行う、画像診断のひとつです。検査の手順としては、まず体内の異常な部分に集まりやすい物質(例えばガンであればブドウ糖など)にラジオアイソトープを付着させ、体内に投与します。しばらく時間をおいてから撮影(体内のRIの分布状況を画像化)することで、どの部分が異常なのかが一目瞭然でわかります。「かたち」の変化を伴わない早期の病変に対しても有効な検査です。

放射線治療

ガン治療に代表される医療の最前線の担い手に。

放射線が生物の細胞を破壊するという性質を利用して、ガン細胞を死滅させる治療を行う仕事です。画像検査、RI検査が「異常を見つけるための検査法」なのに対し、直接的に病気の治療に携わるのが特徴です。いまやガン治療に代表される先端医療に欠かせないものとして注目を浴びており、その技術も日進月歩の勢いで進歩しています。治療は、放射線を照射する病気の範囲を決める作業と、決められた通り正確に放射線を照射する作業に分かれて行いますが、この両方の作業に診療放射線技師が加わり、医師と共に治療を実施しています。

放射線管理

「放射線のプロ」のノウハウを フルに発揮する、大切な業務。

放射線の研究が進んだ現代は、その使用も人体の安全のため法律によって制限され、厳重な管理が義務づけられています。例えば放射線を扱っている時間や、その間の被曝線量、特別に管理された区域への入室・退室の時刻や、そこから漏れる放射線の量など、管理すべき項目は多岐にわたります。これを、放射線を扱うプロフェッショナルとして日常的にコントロールする業務が任される場合もあります。放射線を安全かつ安心して利用するための重要な仕事です。

画像検査 ラジオアイソトープ検査 放射線治療 放射線管理