学費・奨学金

【学費】(2020年度入学者)

(単位:円)

学費 1年次 2年次以降
入学時 後 期 前 期 後 期
入学金 250,000
授業料 450,000 450,000 450,000 450,000
施設設備費 175,000 175,000 175,000 175,000
実験実習料 145,000 175,000 175,000 175,000
1,020,000 800,000 800,000 800,000
総合計(年間) 1,820,000 1,600,000
その他委託徴収金:116,800円

【奨学金制度】

返還不要の給付型奨学金制度「島津奨学金」

株式会社 島津製作所のご協力による給付型奨学金制度です。優秀な学生が学びのチャンスを諦めることがないように、自己の品性を陶冶することに熱意があり有為の技術者となることに情熱を持つ学生の経済負担を軽減させること、また経済的支援を必要とする学生の援助を目的としています。

国公立大学よりも納入金が安くなるチャンスも!

特待新入生奨学金(80万円)および経済支援奨学金(40万円)に採用された場合、初年度は国公立大学よりも安い納入金で進学できます!

島津奨学金(返還不要)一覧

名 称 特待新入生奨学金 特待生奨学金 経済支援奨学金 海外交流奨学金
奨学金の内容 合格者成績上位6名
1~3位 80万円
4~6位 40万円
(初年度の後期納入金に充当して給付)
40万円 後期授業料の
一部に充当して給付
(最高で40万円)
海外研修
渡航費用等の一部
対 象 一般入試(前期日程)の受験生
(奨学金チャレンジ判定を利用した者を含む)
在学生(2~4年次生) 在学生(1~4年次生) 在学生
(海外研修への参加が認められた者)
給付条件 一般入試(前期日程)の合格者
(奨学金チャレンジ判定を利用した者を含む)
学業・人物ともに優れた者で各学年成績の上位者9名
(年度末成績<GPA>より該当者へ通知)
学力基準・家計基準を満たす学生
(最大で2回まで申請可能)
(2回目の給付金は減額)
海外研修の参加が認められ渡航先が決定している者
ただし学則に違反した者、本学学生としてふさわしくない行為があった者には支給しない。
人 数 合格者成績上位6名
(1~3位:3名、
4~6位:3名)
各学年成績上位 9名
(計 27 名)
全学年で 15名 以内 参加者数による
募集時期 毎年6月頃
給付期間 入学年度のみ 該当年度 該当年度 該当年度
家計基準 家計収入・家族構成状況等を勘案してして審査する
学力基準 給付条件の通り 給付条件の通り 1年次:高等学校調査書の評定平均値 3.5 以上または入学試験合格者の成績上位50%以内(非公表)
2~4年次:年度末成績GPA2.0以上
給付条件の通り

奨学金チャレンジ判定とは、推薦入試合格者で、一般入試( 前期日程)と同じ学科試験を受験し高得点を収めた方を、特待新入生奨学金の対象者として選抜する制度のことです。

日本学生支援機構奨学金

貸与種別・賃与金額(2019年度入学者)

種類 月額
第一種奨学金(無利子) 自宅 自宅外
20,000円・30,000円・40,000円・54,000円より選択 20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円より選択
第二種奨学金(有利子) 20,000円~120,000円(1万円単位)より選択

※ 入学時特別増額貸与奨学金〔第二種〕(10・20・30・40・50万円から選択)も条件により申込みできます。

▽平成2018年度 日本学生支援機構奨学生数(2018年10月現在)▽

奨学生数 第一種奨学金 第二種奨学金
大学1年生 16名 35名 51名
大学2年生 11名 29名 40名
大学3年生 15名 29名 44名
大学4年生 19名 40名 59名

※ 本学の約半数の学生が、奨学金制度を利用しています。

各自治体の奨学金

地方自治体独自の奨学金制度です。貸与額や採用条件等は各自治体によって異なります。詳細はお住まいの各自治体に確認ください。