2021年度 京都医療科学大学入学式を挙行しました

2021年4月3日(土) 京都医療科学大学の入学式を執り行い、90名の新入生が、本学の学生としての第一歩を踏み出しました。
式典では、新入生を代表して、伊吹尚さんが入学者宣誓を行いました。

遠藤学長の式辞では「診療放射線技師を目指す皆さんには、患者を思う優しい心、患者に寄り添う姿勢を大切にし、自ら常に学び続ける習慣を養い、『変化に対応できる知性』や『混沌とした時代・新しい時代に対応できる能力』を身につけて欲しい」とお話がありました。

学長式辞全文はこちら

その後、中本理事長の挨拶と学友会玉田会長様よりご祝辞を賜りました。新型コロナウイルスの影響でささやかな式ではありましたが、新入生の皆さんは晴れやかな表情で大学生活をスタートさせました。


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
皆さんの4年間が充実した時間となることを祈っています。新型コロナウイルスの収束はまだ見えませんが、共に乗り越えていきましょう。