学習環境

島津学園ならではの魅力ある学習環境

医療機器メーカーからの寄付により、毎年のように新しい装置を導入しています。充実した環境のもと医療機器に触れ、最新のスキルを習得するだけでなく、病院における臨床実習や就職後の入職教育にもスムーズに移行しています。

充実の医療機器

マルチスライスCT装置【コンピューター断層撮影装置】

寝台を移動させながら体をらせん状にX線撮影し、体の内部を精細に三次元画像化する診断装置で、特に頭部など球形の部分の検査で威力を発揮します。

FPD搭載X線一般撮影システム

最新の半導体X線センサーにより、瞬時に高品位撮影画像を表示し、診断することができるため、スループットの高い検査が可能です。

MRI装置【核磁気共鳴画像診断装置】

磁石から発生する強い磁気とラジオのような電波によって人間の身体から得た信号を、コンピュータで画像化する装置です。

デジタルX線透過撮影システム

X線を直接電気信号に変える新方式によって、X線画像を高品質なデジタル画像として情報機器の中へ高速に取り込める最新型の撮影装置です。

マンモグラフィー

乳癌発見のための乳房X線撮影装置で、乳房を強く撮影台に押し広げ厚みを均一に薄くし、病気があると形や色を細かく確認できます。

核医学診断用ガンマカメラSPECT装置

極微量の放射性医薬品を患者さんに投与し、その分布や代謝の様子を計測して画像化する装置で、心臓、骨、脳、悪性腫瘍などさまざまな臓器の機能を診断することができます。

超音波装置

周波数の高い音を人体に当て、臓器から跳ね返ってきた音を画像にする装置です。

デジタル(FPD搭載)回診車

ベッドから移動できない重症患者さんや、手術中の患者さんの撮影に使用します。フラットパネル対応のデジタル撮影装置で、撮影後その場で直ぐに画像が確認出来ます。

放射線治療計画システム

放射線治療計画装置は、放射線治療において、病気ではない正常な臓器(細胞)をできるだけ避けて、放射線を患者さんの体の中にある「がん」に集中的に照射するために行われる治療計画に使用します。

学内施設

ラーニングコモンズ

ラーニングコモンズは個人学習やグループ学習、ディスカッション・プレゼン・セミナー等学生の自主的な学びを支援する空間です。パソコンを使える環境のもと、可動式のテーブルやイスを自由にレイアウトし、人数や学習スタイルにあわせて創造的・能動的な学習を行うことができます。

利用時間:8:30~20:30

コンピュータ演習室

約100台の端末が設置され、講義や実験で利用されています。学生の皆さんがより良いネットワーク環境で、より楽しく学修できるスペースとなっています。演習室は、授業で使用されない時間帯はオープン教室として開放され、自修や研究などの目的で自由に利用することができます。

実験室自修ホール

実際の病院をイメージできるよう実験装置のあるフロアの中央には操作卓を設け、実験のための自修ホールを配置しています。

教員研究室・ゼミ室

各教員の研究室前には学生が勉強できるスペースとゼミ室があります。分からないことがあればすぐに研究室を訪ねることができるアットホームな環境で、小規模校ならではの、きめ細やかな教育を受けることができます。

学生食堂【Shima’s Kitchen】

ゆっくりくつろげる学生食堂には安くておいしいメニューがたくさんあります。食事だけでなく、学生同士のおしゃべりや勉強など幅広く利用されています。