「品性を陶冶し有為の技術者を養成するをもって目的とす」を建学の精神とした京都医療科学大学は、高い「技」と豊かな「心」を持った診療放射線技師を育てます。

訪問者別INDEX

TOP学生生活 > 奨学金制度

奨学金制度

京都医療科学大学では、平成29 年度より大学独自の奨学金制度を一新し、返還不要の給付型奨学金制度「島津奨学金」を創設いたします。株式会社 島津製作所のご協力により、優秀な学生が学びのチャンスを諦めることがないように、また、自己の品性を陶冶することに熱意があり有為の技術者となることに情熱を持つ学生の経済負担を軽減させること並びに経済的支援を必要とする学生の援助を目的としています。

島津奨学金採用時の比較(初年度納入金)

国公立大学よりも納入金が安くなるチャンスも!

特待新入生奨学金(80万円)および経済支援奨学金(40万円)に採用された場合、初年度は国公立大学よりも安い納入金で進学できます!

島津奨学金(返還不要)一覧

※平成28 年度までの『京都医療科学大学奨学金(給付型奨学金制度)』は、「経済支援奨学金」と名称変更して継続いたします。

名 称 特待新入生奨学金 特待生奨学金 経済支援奨学金 海外交流奨学金
奨学金の内容 合格者成績上位6名
1〜3位 80万円
4〜6位 40万円
(初年度の後期納入金に充当して給付)
40万円 後期授業料の
一部に充当して給付
(最高で40万円)
海外研修
渡航費用等の一部
対 象 一般入試(前期日程)の受験生
(奨学金チャレンジ制度※1を利用した者を含む)
京都医療科学大学
在学生(2〜4年生)
京都医療科学大学
在学生(1〜4年生)
京都医療科学大学在学生
(海外研修への参加が認められた者)
給付条件 一般入試(前期日程)の合格者
(奨学金チャレンジ制度※1を利用した者を含む)の成績上位6名
品性を陶冶することに熱意があると認められた者で各学年成績の上位者9名※2
※年度末成績(GPA)より該当者へ通知
学力基準・家計基準を満たす学生※2
※ 最大で2回まで申請可能
※ 2回目の給付金は減額
海外研修の参加が認められ渡航先が決定している者※2
人 数 合格者成績上位6名
(1〜3位:3名、
4〜6位:3名)
各学年成績上位 9名
(計 27 名)
全学年で 15名 以内 参加者数による
募集時期 毎年6月頃
給付期間 入学年度のみ 該当年度のみ 該当年度のみ 該当年度のみ
家計基準 家計収入、家族構成状況等を勘案してして審査する
学力基準 給付条件の通り 給付条件の通り 1年
高等学校調査書の評定平均値 3.5 以上または入学試験合格者の成績上位50%以内(非公表)
2〜4年
年度末成績
GPA2.0以上
給付条件の通り

※1 奨学金チャレンジ制度とは、推薦入試合格者で、一般入試( 前期日程)と同じ学科試験を受験し高得点を収めた方を、特待新入生奨学金の対象者として選抜する制度のことです。

※2 ただし学則に違反した者、本学学生としてふさわしくない行為があった者には支給しない。

京都医療科学大学では、島津奨学金(返還不要)の他、日本学生支援機構奨学金や各自治体、各種団体等の奨学金制度も幅広く利用されています。

日本学生支援機構奨学金

貸与種別・賃与金額(平成28年度入学者)

種類 月額
第一種奨学金(無利子) 自宅 自宅外
30,000円・54,000円より選択 30,000円・64,000円より選択
第二種奨学金(有利子) 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円より選択

※ 入学時特別増額貸与奨学金〔第二種〕(10・20・30・40・50万円から選択)も条件により申込みできます。

▽平成27年度 日本学生支援機構奨学生数(平成28年1月現在)▽

奨学生数 第一種奨学金 第二種奨学金
大学1年生 19名 47名 66名
大学2年生 20名 39名 59名
大学3年生 18名 32名 50名
大学4年生 8名 27名 35名

※ 第二種奨学金は、通常希望者全員が採用されています。
※ 本学の約半数の学生が、奨学金制度を利用しています。

各自治体の奨学金制度

宮崎県教育委員会、山口県ひとづくり財団、あしなが育英会などの奨学金制度の利用実績があります。
これら以外にも、奨学金制度のある自治体がありますので、お住まいの各自治体にご確認ください。

学生生活

京都医療科学大学 Sub Menu